メリットとデメリットをきちんと理解しましょう

インプラント メリット デメリット

虫歯や歯周病などで自分の歯を失ってしまった場合、何かと不都合を感じることが多くなりますよね。
歯根(しこん・歯の根の部分)が残せれば、いわゆる差し歯にする治療も可能な場合がありますが、虫歯が深い場合や歯根が折れた場合は歯根を抜いて入れ歯やブリッジなどの治療が必要になるケースも多くあります。


しかし、どちらも本来の自分の歯に比べれば、健康な歯を削ることの不安や違和感が残ることが多いのも事実。
そのような悩みを解決できるのが、インプラント(人工歯根)です。歯を失った際の治療法の一種であるインプラント治療は多くのメリットがありますが、デメリットやリスクもあります。治療選択を行う際には、どうしてもメリットばかりを見てしまいがちですが、しっかりとデメリットを把握してから決定していただくことが大切です。
当院では、お口の健康を取り戻していただくためには、治療を成功させるだけでなく、患者様ご自身が治療を納得して選択することが必要だと考えています。納得した治療選択のためにも、当院ではカウンセリングの際に治療のメリットだけでなく、デメリットやリスクのご説明も行っております。
こちらでは、インプラントのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

インプラント治療のメリット

インプラントのメリット

「インプラントに興味があるけれど、具体的にはインプラントにすることによってどんなメリットが得られるの?」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、インプラントにすることのメリットについて見ていきましょう。

硬いものでも噛める

天然歯が顎骨から直接生えているのと同様に、インプラントは、チタン製の人工歯根を顎骨に直接埋入しているため、しっかりと固定されており、自分の歯のように硬い物も噛めます。入れ歯のように、使っているうちにズレる心配も、ほとんどありません。また、固定されていることにより、入れ歯のような「口の中に何かある」といった違和感や不快感を覚えにくいという特徴もあります。

自分の歯で噛んでいる感覚

インプラントにすることによって、「自分の歯と同じような感覚でしっかりと噛む」ことが可能になります。
自分の歯を失って入れ歯にした場合は、違和感や食べ物が入れ歯に挟まる問題が出てくることもあり、「しっかりと噛めない」と悩んでいる方も珍しくありません。
けれども、インプラントは、失った歯の歯根の代わりとしてあごの骨に直接埋め込み、それを土台として人工歯を取り付けるため、天然の歯と同じような感覚でしっかりと噛めるのです。
また、インプラントの材料にはチタンが多く使われています。チタンには骨と結合しやすく、劣化しにくいという特徴があるため、インプラントが骨に固定されることによって、強い力がかかっても耐えられるようになるのです。

審美的な印象

インプラントは見た目の美しさ、つまり審美的に優れていることも大きなメリットです。
保険適用の差し歯の場合はどうしても色味が不自然になってしまったり、入れ歯の場合は笑ったときに金具が見えてしまったりするケースもあります。
一方、インプラントの人工歯部分にはセラミックやジルコニアなどが使われることも多いため、天然の歯と同じような自然で美しい歯が手に入れられるのです。

周りの歯への影響が少ない

部分入れ歯は、周囲の残っている歯にクラスプというバネをひっかけて、また、ブリッジは隣り合う健康な歯を削って柱として、義歯を固定します。
そのため、義歯を固定するための歯に大きな負担がかかってしまい、寿命が短くなってしまうことがあります。
しかしインプラント治療は、失った歯1本に対してインプラント1本を独立して埋入して(オールオン4などは除く)人工歯をささえるため、周囲の歯を削ったり負担をかけたりすることがありません。

骨がやせるのを防ぐことが可能

咀しゃくなどによって、歯を通じて顎骨に噛み合う刺激が伝わると、骨吸収が抑制されて骨の厚みや高さが維持されます。
しかし、歯が抜けた部分を入れ歯やブリッジで補った場合、失った部分の骨に噛んだ時の刺激が入らず、骨吸収が起きてしまいます。インプラント治療は顎骨に人工歯根を埋入するため、咀しゃくの刺激が骨に伝わりやすく、あごの骨が瘦せるのを防げます。

健康面・精神面の向上につながる

インプラント治療によってしっかり噛めるようになることは、健康面・精神面の向上にもつながります。私たち人間は噛むことによって脳に刺激を与えることができ、それによって脳が活性化されるのです。
また、しっかり咀嚼できるようになると唾液の分泌が促されるため、近年注目されているパロチンという若返りホルモンの分泌にも期待できます。

正しく使えば長期間使い続けられる

インプラント治療10年後のインプラント生存率は9割を超えています。「高い治療費の割に10年…」と感じる方もいらっしゃると思うでしょう。
しかし、正しい口腔ケアを行っていれば、20年以上も使い続けることは可能です。
事実、世界で最初にインプラント治療を受けた患者様は、その方が亡くなるまで40年以上もの間、インプラントが機能し続けました。

インプラント治療のデメリット

インプラントのデメリット

治療費が高い

顎が、事故や生まれつき欠損している場合を除いて、ほとんどのインプラント治療は保険適応外となるため、保険適応となる入れ歯やブリッジに比べると治療費が高くなってしまいます。
しかし、インプラントは医療費控除の対象となっておりますので、お手続きをすれば負担を抑えることもできます。
当院では、デンタルローンのお取次ぎを行っており、カウンセリング時に費用やお支払い方法の詳細なご説明なども行っております。
ご不明な点がありましたら、些細なことでも納得できるまでお聞きください。

手術が必要

インプラント治療では、あごの骨にインプラントを埋め込むための手術が必要になります。
麻酔で痛みはかなり軽減されますが、体には確実に負担がかかってしまいます。
また、持病があって薬を飲んでいる場合や妊娠している場合などは、事前に歯科医師に相談する必要があります。
手術中は麻酔によって痛みは感じませんが、全身麻酔と違って意識がハッキリしているため、メスやドリルに対して恐怖や緊張を感じる方も少なくありません。

治療期間が長い

ブリッジは約1~2週間、入れ歯は1~2ヶ月程度ですが、インプラントは顎骨と人工歯根が結合するのを待つだけで3~6ヶ月かかります。
しかし、時間をかけてしっかり定着させることで、骨とインプラントの結合が強くなり天然歯のように使うことが出来るようになります。

治療中は、定期的なメンテナンスが必要

インプラント治療終了後は、定期的なメンテナンスをする必要があります。メンテナンスでは、インプラントの定着状態や、かぶせ物や噛み合わせの状態などをチェックし、必要に応じた処置が行われます。
メンテナンスは3か月に1回程度のペースで受けるのがおすすめです。
インプラントの人工歯自体が虫歯になることはありませんが、インプラント周辺の歯肉などが歯周病菌に感染して「インプラント周囲炎」という病気になることがあります。インプラント周囲炎は、歯周病のような症状を引き起こし、最悪の場合はインプラント脱落の原因となります。
患者様が行っている毎日のセルフケアも重要ですが、どうしても磨き残しが起こってしまいます。
そのため、歯科医院へ定期的に通ってメンテナンスを受けていただき、口腔内の清掃状態や病気の兆候などを確認します。
また、必要があれば歯磨き指導も行います。
また、インプラント治療だけでなく、定期的に歯科でチェックしてもらう習慣をつけると、健康な歯が保ちやすくなります。

治療できないこともある

インプラントができない場合
  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 骨粗しょう症

など…

上記のような病気にかかっている方は、インプラント埋入手術を受けられない可能性があります。
インプラント治療の良好な予後を妨げたり、手術に使う薬剤が患者様の状態に悪影響を与えたりすることがありますので、まずは歯科医にご相談ください。

また、以下のような方はインプラント治療が出来ません。妊婦は、手術に伴う緊張や恐怖によるストレスから、貧血などの悪影響をお身体に与えてしまうリスクがあります。また、18歳以下の若い方は顎の成長が止まっていないため、埋入手術をすると人工歯根が骨の中に埋まってしまう可能性があります。

  • 妊婦の方
  • 18歳以下の方

インプラント治療にはリスクがあります

インプラントのリスク

ここまで、インプラントのメリット・デメリットを説明しましたが、インプラントにはリスクもございます。リスクを知りたい方は以下のボタンからご覧ください。

メリット・デメリットまとめ

「天然の歯と同じようにしっかり噛んで食事ができる」「見た目も自然であるため笑顔にも自信が持てるようになる」など、ほかの治療ではなかなか得られないメリットが多いインプラント。
もちろん、保険適用外治療となるため治療費が高額になる、治療期間が長くなるなどデメリットもいくつか存在しますが、それをしのぐメリットが十分にあるといえるのではないでしょうか?
また、保険適用外治療ではありますが医療費控除の対象となっているため、該当する場合は、確定申告をすることによって所得税の還付や住民税減額措置が受けられる場合もあります。
きさくデンタルクリニックでは無料カウンセリングも行っておりますので、不安なことなどがあれば、お気軽にご相談ください。