「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」について

歯が一部欠けていると歯並びが悪くなったり、発音しづらくなったりするため、早めに治療することが大切です。
しかし、歯の欠損部の治療法には入れ歯やブリッジ、インプラントなどがあり、どの治療を受ければいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
こちらの記事では、入れ歯とブリッジとインプラントの違いについて詳しくお伝えしていきます。それぞれの違いの比較表と、メリット・デメリットも紹介していますのでぜひ治療する際の参考にしてください。

「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の特徴

入れ歯(取り外し式義歯)の特徴

入れ歯は歯が多数欠損した場合や、両隣に支えとなる歯が無い場合(奥歯など)に行う治療法です。周りの歯にバネをかけて入れ歯を支える「部分入れ歯」、また歯茎の上に乗せる「総入れ歯」などがあります。

ブリッジの特徴

ブリッジは、失った本数が1〜2本の場合に行う治療法です。歯の無い部分を補うために両隣の歯を削り、連結した人工歯でブリッジ(橋)をかけます。 両隣の歯が差し歯の場合には出来ないことがあります。

インプラントの特徴

インプラントは歯の無い部分に人工の歯根を埋める治療方法です。チタン製の人工歯根と骨が結合するので、天然の歯と変わらずに噛む事ができます。

「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の比較

項目入れ歯ブリッジインプラント
安定性定期的な調整
が必要
やや安定性あり安定性あり
耐用年数約5~6年約8年10年以上
他の歯への影響ありありなし
噛む力やや劣る天然歯とほぼ同等天然歯と同等
口内の違和感
(個人差あり)
違和感ありやや違和感なし違和感なし
見た目の美しさ劣るやや優れている優れている
手術の有無なしなしあり
治療期間比較的短期間比較的短期間半年~1年
治療後の問題点時間が経つと入れ歯が
合わなくなる
隣の歯が虫歯に
なりやすい
歯周病になりやすいが
定期検診で防げる
費用保険適用で安価保険適用で安価保険適用外で高価

比較1 咀嚼機能

補綴治療の咀嚼機能(噛む機能)をそれぞれ天然歯と比較すると、インプラントは90%程度、ブリッジは70%程度、入れ歯は20%ほどとなります。
インプラントは、天然歯と比べてみてもほとんど噛む機能が変わりません。
しかし入れ歯、特に総入れ歯は、天然歯と比べると固い食べ物などが食べにくくなってしまいます。

比較2 お口の違和感

インプラントは、チタン製の人工歯根を顎骨に埋入し、その上に人工歯を装着しているため、天然歯に近い使い心地となり、違和感を感じることもあまりありません。また、失った歯の隣を支柱として義歯を支えるブリッジも、安定感があり、違和感や痛みを覚えることがほとんどありません。

対して入れ歯は、義歯が大きく厚みもあるため、口内に違和感を覚えたり、えずいたりする方もいます。また、総入れ歯は粘膜で支えているため、使っているうちにズレたり痛みを感じたりする方も少なくありません。

比較3 清掃のしやすさ

インプラントは、歯ブラシやフロスなど、天然歯と同じ清掃方法でできるため、口内を清潔に保ちやすいです。
ブリッジも天然歯と同じように清掃できますが、天然歯と義歯の間に食べかすが詰まりやすく、また歯ブラシが届きにくいため、虫歯になりやすいです。

入れ歯は、義歯用ブラシや義歯洗浄剤を使って清掃します。また、毎食後に外して手入れしなくてはいけません。

比較4 周囲の歯への影響

インプラントは、人工歯根を歯槽骨に埋入して人工歯を支えるため、自立しており他の歯へ影響を与えることがほとんどありません。

入れ歯も、総入れ歯であれば粘膜を支えとするため、周囲への影響は小さいのですが、部分入れ歯は他の健康な歯にクラスプをかけて支柱とするため、支柱となった歯に大きな負担がかかります。
ブリッジも義歯を支えるために、喪失した歯の両脇の歯を大きく削って支柱とします。そのため、削られた歯への負担が大きくなり、折れてしまうこともあります。

比較5 審美性

インプラントの上部構造(人工歯)は、周囲の歯に合わせた形・色を選択できるため、不自然さや妙に白く浮いてしまうことも、ほとんどありません。

ブリッジと入れ歯は保険適用内の治療を選択した場合は、銀歯になったり金属部品があったりするため目立ちますが、保険適用外の材質を使えば、天然歯に近い見た目の義歯ができます。しかし、部分入れ歯は保険の適用に関わらず、金属製のクラスプ(バネ)で固定するため、目立ってしまいます。

比較6 費用

インプラントは、保険適用外の治療であるため、全額自己負担となります。そのため、他の補綴治療と比較すると高額になりがちです。

入れ歯、ブリッジは保険適用内の治療であれば、安価に補綴することも可能です。より良い見た目や機能を求めて保険適用外の入れ歯・ブリッジ治療を選択する場合は、高額になることを把握しておきましょう。

比較7 手術の有無

手術の有無は、持病をお持ちの方や恐怖心の強い方などにとっては、気になる点です。インプラントは、顎骨に直接穴をあけて人工歯根を埋入するため、外科的処置が必要になります。入れ歯とブリッジは、特に手術は必要ありません。

比較8 寿命

インプラントは、治療後も定期的なメンテナンスを欠かさずに行っていれば、10年以上も問題なく治療の効果を発揮します。

入れ歯は、約3年で傷みが出てきます。長く使うにしても、大体5年使ったら買い替えることを推奨されています。ブリッジは入れ歯よりも長く使用できることが多いものの、支柱にした歯は支柱にしなかった歯と比較し虫歯になったり折れたりしてしまう可能性は高くなります。

入れ歯とブリッジ、インプラントどれがおすすめ?

欠損した歯を治療するなら基本的にインプラントがおすすめです。安定性が高く天然歯のような噛み心地で、何より見た目の違和感がほとんどない点がメリットです。
しかし、インプラントは保険の適用外なので価格の面から入れ歯やブリッジを選択される方もいらっしゃいます。
その場合、周りの歯への負担を考えるなら入れ歯、見た目や安定性を重視するならブリッジがおすすめ。
ただしブリッジは両隣の歯を削る必要があり、一度削った歯は元に戻せないため慎重に判断しなければいけません。

まずは入れ歯を試してみて、合わなければブリッジに移行するというのも手段の一つです。
値段や見た目、口内の違和感などから自分に合う治療法を選びましょう。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの治療でお悩みの方はぜひ当院へご相談ください。
当院では知識・経験豊富な歯科医師が治療を行っています。

院長紹介

院長 高橋良治

院長:高橋 良治

院長挨拶
毎日を楽しく過ごすために、口元の健康は重要な役割を担っています。
歯にちょっとした痛みや違和感があるだけで、おいしいはずの食事が味気ないものになってしまったり、治療跡や変色のせいで口を開けて笑うことができなくなってしまったり、歯は些細な症状であってもそれによるストレスは非常に大きなものとなります。きさくデンタルクリニックでは、患者様へ負担をかけないように、痛みが少ない治療を心がけています。

経歴
2005年 奥羽大学歯学部卒
2006年 奥羽大学附属病院勤務(補綴科)
2007年 波多野歯科クリニック勤務
2008年 鶴見大学インプラント科専科生
2008年 日本口腔インプラント学会会員
2009年 きさくデンタルクリニック設立