抜いた方がいい場合

・虫歯や歯周病になってしまった。
親知らずは一番奥に生えている為、器具が届きにくく虫歯の治療が難しい場合があります。また、治療が出来たとしてもお手入れがしにくい状態であれば再び虫歯や歯周病になってしまうリスクもあるため抜歯をオススメすることが多いです。

・斜めや横向きに生えている。
歯が一部しか出ていないので、歯と歯の間や歯と歯茎の間には、汚れが溜まりやすく歯肉の炎症が起こりやすい状態になっています。また、親知らず周囲に炎症がでることを「智歯周囲炎」と言い、歯肉の腫れや痛みの他、炎症が広がると頬全体が腫れるなどの症状がでます。このような症状が繰り返されている場合には、抜歯が適切と考えられます。

・歯並びの関係や噛み合わせに問題がある場合も抜歯をおすすめすることがあります。

抜かなくてもいい場合

・真っ直ぐ生えていて、上下噛み合っている。(清掃状態も良い場合)

・完全に埋まっている。