親知らずは、かつて奥歯として使われていましたが、食生活の変化や昔の人に比べて現代人は顎が小さくなってきた為、

生えるスペースが無くなり横を向いたり斜めになったりして生えてきます。

その為、虫歯や歯周病などトラブルが多いのが特徴です。

親知らずの生え方

まっすぐ生えている(正しく生えている)

 他の歯と同じように真っ直ぐ生えているタイプです。噛み合わせも良い状態であれば、トラブルは起きにくいと考えられています。

横向き又は斜めに生えている

 歯が一部だけ出ているタイプです。

完全に埋まっている

 この場合は、レントゲン写真で確認が出来ます。