歯並びなどの口元は笑ったり、おしゃべりしたり、食事したり、コミュニケーションの中で必ず人から注目される場所なので、綺麗な歯並びは自信にもつながります。ところで、綺麗な歯並びとは何をもってキレイな歯並びなのでしょうか。

綺麗な歯並びの5つの条件とともに、美しい歯並びでいることのメリットも合わせてご紹介します。

綺麗な歯並びの条件??

きさくデンタルクリニックが考える綺麗な歯並びの条件を5つ挙げていきます。

1. 凸凹(デコボコ)していない

上の歯と下の歯を噛んだ時に凸凹していない状態。歯が突出していたり、生えそろっていないと綺麗とは言えません。また、バランスが悪いと、美しく見えない要因となってしまいます。

2. 上下の歯の中心がずれていない(正中)

上下の歯を噛み合わせた時に、上の歯と下の歯の中心がずれていない状態。歯の中心がずれて見えたり、左右対象はキレイに見えます。

3. 隙間がない咬み合わせ

奥歯を噛み締めたて上下の歯の間に空間がない状態。

4. 上の前歯が下の前歯より出ている

上下の歯を噛み合わせたときに、上の歯の方が、下の歯よりも少し前に出ていること。逆の受け口だと、アンバランスな印象を与えます。

5. 歯の向きにばらつきがない

歯が生えている方向がバラバラでないこと、規則的な並びになっていること。左右、上下対照的に並んでいると歯並びが良いと言えます。

歯並びが美しいメリットとは?

キレイな歯並びにはどのようなメリットがあるのでしょうか。見た目以外に、機能面でも歯並びを改善すると良いことがたくさんありますよ。

〇清潔感がある。

印象を左右する見た目の面です。歯並びが綺麗ですと清潔感がアップします。アメリカなどの欧米諸国では、子供のころから歯並びを矯正することが一般的です。

清潔感は学業や仕事をするうえでも、良い印象を与えます、歯並びが綺麗なことで清潔感に違いが出ます。

〇 若々しく見える

失った歯の治療をして、歯並びがキレイになった患者様に感想をうかがうと、周りから若々しく見えると言われた等、嬉しい話をよく聞きます。歯並びが良いと若々しい印象になるようです。

特に年配の方は、歯並びが良いと、年を感じさせない若々しい印象を与えるができるかもしれません。。

〇 虫歯や歯周病になりにくい

歯がキレイに並んでいると、歯磨きしやすかったり、メンテナンスがらくであったり、虫歯や歯周病になりにくいということがあります。

歯が重なっていたり、隙間がないと、同じ箇所に汚れが溜まってしまい、虫歯や歯周病、口臭などお口のトラブルの原因になります。

■ ブラケットによる矯正治療

マルチブラケット法は、歯の表面や裏側にブラケットとワイヤーを装着し、歯を少しずつ理想的な位置に動かしていくという治療方法です。

ワイヤーが目立ってしまうというデメリットがある一方、様々な症例に対応可能な点と、素材や方法によっては選べる費用の幅が広い点がメリットとして挙げられます。前歯だけを治したいという人には部分矯正など、全体だけではない治療が講じられるのも、ブラケットによる矯正の良い点です。