下の歯が前に出ている(反対咬合)

かぶせ物(ジルコニア)で、咬み合わせの改善をした症例です。

仮歯を何回も作り直し、咬み合わせの調整を繰り返していきました。

アゴの痛みもなく、問題なく咬めています。

当院では、メンテナンス時には必ず咬み合わせを確認し、必要であれば、微調整を行います。