マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを交換しながら歯並びを整える歯列矯正。

これまでワイヤーやブラケットの見た目がネックとなり、矯正治療に抵抗があった方も、マウスピース矯正であれば見た目の問題が解決するのではないでしょうか。

マウスピース矯正6つのポイント
マウスピース矯正は「目立たない」「取り外しができる」といったメリットのほかにも、様々な特徴があります。下記にてマウスピース矯正の6つの特徴についてまとめています。

1.薄くて透明、目立たない

矯正治療に使うマウスピースは透明度の高いプラスチック製。透明で薄いから「矯正治療中である」ということを周囲に気づかれにくいでしょう。見た目の美しさを損なうことなく歯並びを整えられるのは、マウスピース矯正ならではの特徴です。

2.マウスピースは使い捨て。だからいつも清潔

マウスピース矯正は歯の動きに合わせて装置を交換しながら進める治療スタイル。プラスチック製の装置は使い捨てができ、一定期間で新品の装置に取り換えられます。

マウスピースは金属を使用しないアレルギーフリー。金属に敏感な方も安心できるでしょう。

3.笑顔に自信、おもいっきり笑える

取り外しができるマウスピース矯正は、結婚式や写真撮影などの大切なシーンでは装置を取り外すことも可能です。

大切な場面では装置を外し、イベントが終了したら再び装着してください。

4.食べ物の制限なし!食事を存分に楽しめる

取り外しができるマウスピースだから、ワイヤーに食べ物が詰まる心配はありません。ワイヤー矯正では敬遠しがちな固い食べ物も自由に楽しむことができます。

友人や大切な人との外食も気兼ねなく楽しめるでしょう。

5.お口のトラブルを軽減

マウスピース矯正は取り外しができるので、毎日の歯みがきタイムはいつも快適。お口の中を隈なくお掃除できてスッキリできます。

常に口腔内を清潔な状態に保てるので、虫歯や歯周病の発生を軽減できるほか、ワイヤー矯正と比べて口内炎のトラブルも少ないです。

6.マウスピースの脱落がなくストレスフリー

従来のワイヤーを使った矯正治療で起こりがちなのが、装置の脱落。しかし、マウスピース矯正は、プラスチック製のマウスピースを使用するため、ブラケットが外れたりワイヤーが粘膜に刺さるようなトラブルは発生しません。

なお、マウスピースは歯や歯茎をすっぽりと包みこむ、密着度の高い装置です。自分の意思で取り外さない限り、自然に脱落するような心配もありません。

マウスピース矯正のデメリット
どのような優れた治療にもメリットの反面、デメリットも存在します。以下にてマウスピース矯正のデメリットをご紹介します。

1日の装着時間が長い
ご使用になるマウスピース矯正の種類にもよりますが、代表的なマウスピースの装着時間は1日約20時間以上。

基本的には「食事と歯みがき以外の時間は装着する」と覚えておいてください。

そのため、マウスピースが生活の一部として定着するまでは装着時間の長さをストレスに感じるかもしれません。

マウスピース矯正は指定された着用時間が守られない場合は計画通りに歯が動かず、

結果的に治療期間が延びてしまう可能性があるので注意が必要です。

歯の表面にブラケットを接着してワイヤーで動かしていく「ワイヤー矯正」と異なり、

マウスピース矯正はセルフコントロールが主体の矯正法。しっかりとした自己管理が求められます。

装着中は飲食の制限がある
マウスピースは歯にピッタリと密着した装置のため、歯磨き不足のまま着用すると歯とマウスピースの間に汚れが停滞し、

虫歯を発生しやすくなってしまいます。ちょっとしたつまみ食いであっても、

都度マウスピースを取り外して歯みがきが必要となるほか、装着中はお砂糖が入っているジュースの摂取もNG。

ノンシュガーのお茶やコーヒーなどは虫歯発生のリスクはありませんが、

歯や装置に茶渋が付きやすく見た目の点でマイナスとなってしまいます。

もちろん、飲食の度に装置を取り外してきちんと歯みがきができれば何の問題もありません。

ですが、これまで間食の習慣がある方はライフスタイルの改善が必要になるかもしれません。

出っ歯や受け口などは適用対象外の場合も
抜歯をおこなって口元をガラリと変えるような出っ歯や受け口のケース、

顎の大きさのバランス違いや顎のズレなど骨格に問題があるケースなどはマウスピース矯正で改善が難しい場合があります。

マウスピース矯正は複数の種類があり、その種類によって適応範囲が異なります。

また、お口の状態によってもワイヤー矯正や外科矯正の方が適している場合があります。

ご自身の歯並びがマウスピース矯正に適用するかについては、ご相談ください。

現在、見えない矯正(マウスピース矯正)準備中。