ジルコニアとは?

ジルコニアという単語は聞いたことがない方も、「セラミック」という言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

そもそもセラミックとは、食器などでよく使われる陶器のことで、歯科治療におけるセラミックも同じ陶器で作られています。

しかし、従来のセラミック歯には大きな欠点が1つありました。それは、金属に比べて脆く割れやすいことです。特に奥歯の治療や歯ぎしり癖のある患者様にはセラミック治療お勧めできませんでした。

ジルコニアはセラミックの一種であり”ジルコニアセラミック”とも呼ばれていますが、従来のセラミックと大きく異なるのが耐久性です。ジルコニアは、ダイヤモンドのような輝きだけでなく、金属に匹敵するほどの強度を誇ります。そのため、ジルコニアは「適応できる歯が多い」ことが従来のセラミックとの大きな違いです。

ジルコニアは「人工ダイヤモンド」と呼ばれ、高い審美性と高い強度が特徴の、セラミックの中では最高品質の素材です。最も噛み合わせの力がかかる奥歯に被せ物をする場合、今までは金属が使われていましたが、高強度のジルコニアの登場により今ではジルコニアの被せ物を入れられるようになりました。その結果、金属アレルギーの方も、安心して奥歯の治療を受けることが可能になったのです。
従来は金属の土台を用いていた差し歯も、土台をジルコニアにすることにより、歯ぐきが黒ずんでしまう問題が解消されました。

また、ジルコニアは、人工関節など医療分野でも広く使われ、体になじみやすく害がないことも特徴です。 熱くなったり冷たくなったり、酸性になったりアルカリ性になったりと過酷な口の中の環境下でも安定し、歯や歯ぐきに影響を与えることはありません。