審美歯科
orange.png

審美歯科って?


審美歯科とは、概略をいえば、“歯並びの見た目をよくする、歯をきれいにする”治療をする所のことです。歯磨きでは取れない歯の黄ばみや、口を開けると目立ってしまう銀歯でお悩みの方がいらっしゃることと思います。歯を漂白するホワイトニングや、セラミックを使用した治療メニューで、真っ白でピカピカの歯を実現します。
また、審美歯科では、病気を治すのではないので健康保険は利かず、自費治療のため費用はかなり高額になります。簡単な例としては、歯をけずってきれいな歯をかぶせてきれいに見せるという治療方法がとられます。
歯の汚れの程度や虫歯の状態に応じて、様々な審美歯科治療をお選びいただけます。

o-2.gifo-1.gifoba-1.gif

ジルコニア【前歯向き】

メタルボンドの内側の金属の代わりにジルコニアを使用したものです。

表面、内面ともに白色で透明感が抜群です。本物の歯と遜色なくとてもきれいに仕上がります。主に前歯などに良く使用されます。

zirconia.jpg

ジルコニアフレーム上に色を表現するセラミックスを焼き付ける為、本物の歯と同じ色・形が再現できます。金属を使わないので、光の反射が自然で暖かい色調が表現でき、歯ぐきの変色、金属アレルギー等の心配がありません。歯を削る量が比較的多く、保険外治療なので、値段が高いです。


¥120,000/本〜

メタルボンド【奥歯向き】

中身は金属で、外から見える部分のみにセラミックを貼付けたものです。

内面が金属、表面がセラミックの歯になります。透明感はジルコニアには劣りますが、ある程度の艶を出すこともできて、きれいに仕上がります。

metalbo.jpg

表面はセラミックでできており、色、形、は歯に似ているので見た目がきれいにできます。中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できますが、とくに奥歯に向いています。写真の通り、内面に金属を使っていますので何年後かに歯ぐきが黒くなってしまう可能性があります。また、保険外治療なので、値段が高いです。


¥68,000/本〜

硬質レジンジャケット冠【保険適用】

冠全体が「硬質レジン」という歯科用プラスチックで出来ています

表面がプラスチックですので、3年程度で変色する場合があります。
kousitu.jpg

色が歯に似ているので見た目が良く、金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がありません。時間がたつと変色し汚れがつきやすく、強度が強くないデメリットがありますが、保険適応なので安価で施術可能です。


クリーニング

「歯のクリーニング」とは虫歯や歯周病、そして口臭の原因となるプラーク(歯垢)、歯石、ヤニ等を取り除き歯とお口をすっきり、さわやかにすることです。いろいろな特殊な器具を用いて歯の表面や歯と歯の間、歯肉の中の歯垢、歯石を取り、歯をつるつるにします。歯の表面にあった汚れを除去することによって歯は本来の色に戻ります。


歯の漂白

上記のクリーニングで本来の色に戻りますが、その時点で色合いが気になる場合、漂白(ブリーチング)をお勧めします。元来歯の色が多少黄ばんでいたり茶色かったりしてもそれは病気ではありません。しかし、自分の歯に他人の視線を常に感じる、というのはあまり「健康的」とは言い難いと思います。歯の漂白は、歯の変色の原因(外因性:タバコ、食物、薬剤 内因性:遺伝的なもの、加齢、etc)により、方法や回数が異なります。 種類としてオフィスブリーチングとホームブリーチングがあります。オフィスブリーチングは一般的な治療と同様に、歯科医が歯の色調を明るく改善する漂白方法です。 ホームブリーチングは歯科医の指導を受けて,御自身で歯の色調を明るく改善する漂白方法です。当院では患者さまの歯の状況や希望で単独または併用いたしてしております。


PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専門家により、さまざまな器具とフッ素入りペーストを用いて、全ての表面とその周辺のプラークを除去する方法です。プロのクリーニングによりお口の細菌レベルが低くなります。 歯の表面的な汚れはある程度おとすことができます。 歯のクリーニング専門に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので、痛くはありません。