矯正歯科 費用・治療時間・装置類は症状により異なります。お気軽にスタッフへお申し付けください。
orange.png

矯正歯科って?


矯正歯科というと、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことと思われますが、実際にはもっと幅広く、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、それぞれの歯の持つ役割が最大限に発揮できるように、かみ合わせのバランスを調整することや、発音障害を改善すること、ガタツキをなくすことで歯の状態をより衛生的に保ち、結果歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。
さらに、成長過程の子どもさんの場合には、適切な矯正処置により歯はもとより、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。
矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野です。

矯正歯科の治療手順

矯正治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。
治療可能な場合は、患者さまとの相談しながら治療計画を立案します。

STEP1:歯並び相談

■問診 ■口腔内審査 ■治療の見通し ■治療費の概算
患者さまが、何を気にされているのかどのような治療を希望しているのかをお聞きします。また、矯正歯科医から見た問題点と、おおまかな治療の見通しをお話させて頂きます。
悩まれていることや、疑問に思われていることがありましたらお気軽にご相談下さい。

STEP2:検査・診断・治療計画

■症例分析 ■治療手順および使用装置の説明 ■治療費と支払方法の決定 ■ブラッシング指導
治療方法や使用する矯正装置を詳しくご説明させていただき、患者さんの希望を聞きながら、具体的な治療の方法を決定していきます。

STEP3:治療開始

矯正装置の装着。
■乳歯列・混合歯列の治療
患者さんが成長期であれば、抑制を目的として早期治療を行います。この時期の治療は「正常な成長の誘導」、「発現しつつある不正咬合の予防」、「骨格的な不正の改善」、および「重篤な不正咬合の最初の徴候を排除する」という意味において大変重要な治療となります。
永久歯が萌え始める7歳頃までに、咬合のチェックを受けられることが理想です。
永久歯列の治療
あらゆる不正咬合が治療の対象となります。治療開始時期には12才臼歯が生え始める中学生頃が最適ですが、反対咬合で骨格型の不調和の大きい症例では、下あごの成長が落ち着いてから、晩期矯正を行う必要もあります。また、歯周組織が健康であれば、矯正治療に年齢制限はありません。

STEP4:定期的な矯正装置の管理、調整

原則として1回/月 受診していただきます。

STEP5:改善した歯並びの管理

■動的治療終了 ■装置の撤去 ■保定装置の装着 
■保定期間2~3年 ■自然保定にて終了

治療完了

*治療期間は症例により事なります。治療計画時に予定される治療期間をご説明させていただきます。
*治療期間中、歯科矯正治療中は歯に汚れがつきやすく、歯周病や虫歯になりやすくなります。


インプラント矯正

インプラント矯正は、治療期間の減少が可能になった
新しい方法です。

インプラント矯正とは?

歯を「矯正用インプラント」を利用して移動することを言います。骨にネジを埋めて歯を引っ張る事で患者様の負担が減り、歯を残す可能性が増え、治療期間が短くなります。

インプラント矯正を用いることで、従来の方法では考えられないような歯のコントロール・治療期間の減少が可能になった新しい方法です。
通常の矯正治療と同様、目的の歯の移動が終了するまで目安です。期間は通常の矯正より早く6ヶ月~8ヶ月が目安です。
インプラントは必要がなくなり次第、除去します。その跡が残る事はありませんのでご安心下さい。
一般的にインプラントと言えば、歯が抜けた場所にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯(セラミックスクラウン)をのせ、自分の歯と同様に機能させることを言います。
矯正治療で使用するインプラントは、前述の歯材用のインプラントとは大きさもかなり小さく異なります。

インプラント矯正では、目的の歯を目的の所に移動させるための固定源として使用するため、一時的に顎骨に植立しますが、移動後にはインプラントを除去します。


マルチブラケット法

マルチブラケット法とは?

マルチブラケット法とは、歯の表面にブラケットという装置を装着し、連続的にアーチ型のワイヤーを組み込んで3次元的に調節していく方法で、代表的な矯正装置です。

マルチブラケット法は歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を動かします。ブラケットの素材は金属、セラミックス、プラスチックがあり、従来は金属製のものが主流でしが、現在では、セラミックス、プラスチック製の目立たないブラケットを選ばれる方も増えています。
ワイヤーにもいくつかの種類があり、ワイヤーの色によって、お口の中が明るくなったり、目立たなくなったりします。

マルチブラケット法のメリット

・多くの症例に対応可能
ベーシックな装置のため、リーズナブル(表側矯正)
・対応できる矯正医が多い(表側矯正)
・装置が壊れにくい
・摩擦が少ないブラケット、白や透明なブラケット、歯の裏側に装着するブラケットなど、様々なブラケットがあり、症状や見た目から希望の装置を選ぶことができる。