インプラント
orange.png

インプラントって?


インプラントとは、人工歯根のことをいい、インプラントを埋め込んで天然の歯と同じように機能させる治療をインプラント治療といいます。

普段、みなさんが見ている歯は、歯の頭の部分で歯冠(しかん)といいます。
健康な歯が動かないのは、歯冠の下に歯根(しこん)という部分があごの骨に埋め込まれているからです。
歯冠と歯根が合わさって一本の歯です。

歯周病や虫歯などで、歯根ごと歯を失ってしまった場合、天然の歯根に代わるものが必要になります。
その役目を果たすのが人工歯根=インプラントです。

インプラントだと、入れ歯などと違って自然な感覚で噛む事ができるので食べ物をおいしく食べることができます。


i-2.gif

i-1.gif

I-NEW.gif

磁性アタッチメントインプラント

きさくデンタルクリニックではインプラントのクリーニングがしやすいよう、磁性アタッチメントを採用しています。
磁性アタッチメントとは磁石の力でピッタリとフィットする入れ歯。
インプラントに含まれる磁性金属と引き合うので、装着感は抜群です。
取り外して隅々までクリーニングできるので、とても衛生的です。

インプラントの治療手順

インプラント治療に必要な診査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。
治療可能な場合は、患者さんとの相談しながら治療計画を立案します。

STEP1

implant03.gif
インプラント体を埋入し、歯肉で完全に封鎖します。

STEP2

implant04.gif
インプラント体が骨に固定される期間を待ってから、その頭を出し、仮の歯を取り付けます。

STEP3

implant02.gif
歯肉が治ってから、最終的な 上部構造を取り付けます


インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。また定期的に担当医の検診をお受けいただき、専門のスタッフによる機械的研磨により、治療結果の長期予後が確立されます。